男性

うつ病は種類を明確にしよう【積極的に精神科を受診】

心の変調と病気

女の人

心の病気への対処

心の変調であるうつ病には、大きく分けると2種類のものがあります。一つは、抑うつ状態だけが顕在化する大うつ病性障害と呼ばれるもので、こちらが一般的にうつ病といわれているものです。もう一つが、抑うつ状態と躁状態の両者が交互に起こる双極性障害と呼ばれるものです。前者は、症状的には、鬱的な状態が続いたり、何事に対しても意欲や関心がなくなってしまったりします。その結果、体重が減少したり、疲れやすくなったり、また、不眠といったからだの変調が起きてきます。心の変調に関しては、だれしもが一度は鬱的な気分を味わったことがあるために、なかなか精神科を受診しようとしません。これ以上無理という段階まで症状をひっぱってしまうと、回復まで時間がかかってしまうことになりかねません。そこで、どちらの種類であっても、できれば、心の変調が少し長続きするようならば、積極的に精神科を受診してみましょう。とくに、疲れがとれないで、何事に対しても意欲関心が低くなってきたら、一つの兆候と考え、やはり精神科を受診してみるとよいでしょう。双極性障害の場合には、抑うつ状態と躁状態が交互に現れることになります。双極性障害といううつ病には、大きく2種類に大別されています。双極I型と呼ばれるものと、双極II型と呼ばれるものです。前者は、抑うつ状態と躁状態が交互に同じ程度で出てくるものです。他方、後者は、抑うつ状態が強くで、躁状態の方が軽い場合を言います。躁状態とは、気分が高揚しなんでもできると考える状態です。うつ病と双極性障害では、後者が、抗うつ状態がでてくるために、前者だと判断してしまう場合があります。とくに精神科を受診する場合には、自分の状態を正確に医師に伝えておく必要があります。というのも、両者では治療方針が異なっているからです。いずれにしても、抑うつ状態が基本ですから、自分の状態を把握する場合に、ハイな状態がその後にくるかどうかをしっかりと確認しておくことが大切です。また、本人だけでなく、どちらの種類なのかを周囲の人たちが把握しておくことも大切です。というのも、精神状態が不安定な本人は、自分の状態を正確に判断することができない場合があるからです。

ハート

正しい診断を受ける

うつ病には種類があり、それによって治療方法も薬も変わってきます。その辺りは医師に相談することでしっかり説明をしてもらえるので納得して治療に取り組むように環境を整えると安心です。一時的に症状が回復しても完治までしっかり向き合いましょう。

もっと見る

ナース

心の病気と思ったときは

うつ病かどうかわからない時は、まずネット上にあるサイトで簡易診断してみましょう。それでうつの種類が特定できたら、いよいよ医療機関で治療を受けるようにしてください。うつ病の薬は三環系と四環系、それにSSRIやSNRIとNaSSAの5種類です。

もっと見る

カウンセリング

色々なタイプがある精神病

精神的な病としてよくあるのはうつ病で、親和型うつと非定型うつの2種類が存在します。この2つの病気は基本的に症状は違いがないのですが、治療をする方法は変わっているので気をつけて対応しなければいけません。

もっと見る

聴診器

抗うつ剤の入手法

うつ病は精神だけでなく日常生活にまで支障をきたしてしまう恐ろしい病気です。重症化する前に治療をすれば悪化を防ぐことができるもの。抗うつ剤を使った治療法は、自分にあった種類の薬を選び服用すれば必ず効果が表れてくるものなので気長に待ちましょう。

もっと見る

男性

効果的な治療法を探る

うつ病を治療するということであれば、種類をきちんと見極めて適切な抗うつ剤を使用するということが求められています。適切な薬を利用するということで、とても大きな効果を期待することが可能となっています。医師の判断力も重要なポイントです。

もっと見る