ウーマン

うつ病は種類を明確にしよう【積極的に精神科を受診】

正しい診断を受ける

ハート

現状を把握が大切

うつ病にはその症状の出方によって種類が分かれます。その診断は精神科、もしくは心療内科などで受けることになります。種類の一つ目はメランコリー型うつ病と呼ばれます。二つ目は非定型うつ病と呼ばれ、新型や逃避型と表現されることもあります。どちらにも共通する症状として意欲の低下、喜怒哀楽の異常に倦怠感が挙げられます。他にも睡眠障害や死について何度も考えたりするというのも代表的な症状です。もし少しでも気になる点があった場合は精神科か心療内科を受診しましょう。今は大体の医院が予約制になっています。急患を受け付けているところは少ないのでまず問い合わせて確認をしましょう。病気の特徴として朝起きられない、思考力や集中力の低下があるのでできるだけ通いやすい病院を選ぶようにすると通院もしやすいです。公共の交通機関を使用することすら難しい場合は家族に相談し、一緒に病院を決めることをお勧めします。近くの病院でも十分に診断、処置をしてもらえることがほとんどですがもし難しい時には紹介状を渡されますので指示に従いましょう。病院を受診するとうつ病の種類によって薬が出されます。メジャーなのは抗うつ剤と呼ばれるものです。その効果は主に脳内で分泌される物質の調整を行い、つらい症状を改善してくれます。気分が楽になったと感じる、意欲が出てくるなど嬉しい効果も多いですが副作用もあるのできちんと医師の指示を守って服用しましょう。うつ病の種類によって様々な薬が使用されますが抗うつ剤の特徴としてゆっくりと聞き始めるというのを知っておくと安心です。うつ病になると物事を前向きに考えることが難しく、薬がなかなか効かないとイライラしてしまったり服薬を勝手にやめてしまったりする場合もありますがそれは厳禁です。焦ってしまう気持ちは医師も十分に理解してくれているので不安になった時は自己判断をせず、まずは医師に問い合わせてみましょう。二週間ほど経っても全く症状が改善されない時には薬の種類を見直してもらうこともできます。自分自身に合った薬が見つかり、それを正しく使用していくと必ず病気は快方に向かいます。気長に付き合っていきましょう。